2024/01/15

HP Slimline 270-p015jp|VT-x 有効化メモ

内容としては汎用性に乏しい BIOS/UEFI 設定のメモです。ある特定の設定がわかりにくかったので、メモとして残します。この設定は、マニュアル(ユーザーガイド)に記載がありません。

中古機(2018年製)HP Slimline 270-p015jp を譲り受けました。下記が主な仕様です。

  • プロセッサー:Intel Core i5-7400
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:1TB HDD
プロセッサーが、Windows 11 の システム要件を満たしていないことがわかります

新しい PC を購入したことで不要になったマシンです。HDD を SSD に換装して、Windows 10 Home をインストールしてみました。そこそこ使えるような印象です。

仮想環境で、ゲストマシン(Guest OS/仮想マシン)が使える性能なのかを試してみようと考えて、VMware Workstation Player をインストールし、その環境に仮想マシン(Debian)をインストールしようとしたところ、❝仮想 Intel VT-x/EPT はこのプラットフォームではサポートされていません❞が表示され、起動に失敗します。

BIOS/UEFI で[仮想化技術(VT-x)]項目を探し、「有効」に設定する必要があります。メーカー製 PC の BIOS/UEFI は簡略化されているためか、どこに分類されているかわかりにくく、VT-x の項目を見つけるまで何度か見直しすることになりました。ユーザーガイドに記載してくれるとよいのですが。

まず、BIOS/UEFI の起動ですが、HP Pavilion Desktop の起動ドライブ変更メモ|BIOS/UEFI 設定 に記載した手順と同じです。PC を起動し hp ロゴが表示されているときに〈 F10 〉を連打すると、「BIOS セットアップユーティリティ」が開始します。


↑ 上部の[セキュリティ]タブに移動し、メニューから[システムのセキュリティ]を選択


↑[仮想化技術(VTx/VTd)]項目が「無効」になっているので、スペースバーを押して「有効」に変え、〈 F10 〉で保存


↑ 上部の[ファイル]タブに移動し、メニューから[変更を保存して終了]を選択

ここまでが設定の操作説明です。しかし、「仮想化技術(VTx/VTd)」がセキュリティの項目に分類されているとは思いませんでした。


参考:今回このシステムではメモリ整合性は「オン」にしています。

メモリ整合性オン20240114


以上

ワンクリックの応援が励みになります
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
|すべての 投稿記事リスト

上記の記載内容は独自の理解や個人的な見解に基づいています。
間違いがないことを保証するものではないことをご了承下さい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント